ブリアン

もう子供も逃げ出さない!インスタで話題のブリアンを試してみた!

更新日:

『仕上げはおかあ~さん♪』なんて歌いだした日には、大脱走!

すさまじい勢いで家じゅうを逃げ惑う我が子を何とかしたい一心で、インスタで話題のブリアンを試してみました!

もうこれで子供の虫歯の心配は勿論、毎朝毎晩のママのストレスもフリーになれる?!

ブリアンってどんな商品なの?

まずはご存知ない方のために、ブリアンの基本情報を簡単にご紹介しておきたいと思います。

  1. 虫歯予防のための善玉菌“ブリス菌”配合
  2. 歯磨き粉代わりに使うだけで、虫歯を防ぐことが出来る
  3. 粉状の為、お口をゆすぐことのできない小さなお子さんにもおすすめ

今までは、ベビー用品メーカーの発売している乳幼児向けのいわゆるジェルタイプのものを使用していました。

ですが今回ブリアンを調べていくうちに、ジェルタイプのものって添加物が多いと知って大ショック!!

ゆすぎが出来ない我が子は、そのままその成分を飲み込んでいたと思うと…ぞっとします。

その点ブリアンならその形状は勿論ですが、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤をはじめ、保存料や合成着色料など一切不使用!これなら安心してお試しできます^^

 

合わせてチェック✓ブリアンがどんな商品なのか詳しくはこちらを合わせてご覧ください。

でも乳酸菌で虫歯予防ってできるの?

これは私自身も疑問に感じたことなのですが、乳酸菌っていわゆる腸内環境を整える菌ですよね。これで虫歯予防なんて本当にできるのか、半信半疑でした。

でも、ブリアンに含まれている乳酸菌は一味も二味も違うんですって!

【ブリアンに含まれているブリス菌(=BLIS M18)って?】

  • ニュージーランドのオタゴ大学によって発見された善玉菌
  • 虫歯になりづらい子供たちの研究から生まれており、虫歯予防の働きがある
  • ブラッシングで口内に摂りいれることで、歯垢や汚れを取り除いてくれる
  • 粒子が非常に細かいため、歯と歯の隙間や奥歯など磨き残しの多い箇所にも届きやすい

ついつい日本の有名どころのメーカー発売の歯磨き粉に頼りがちですが…大学の研究機関によって発見された菌で働きがしっかり実証されているなら、親としても安心ですよね。

ブリアン歯磨き粉自体はこんな感じ

というわけで、早速ブリアンを使ってみました♪と、子供に試す前にまずは商品自体を私がチェック!

ブリアン いちご味、ぶどう味

今回お試ししたのは、いちご味とブドウ味の2種類です。味の種類が豊富なのは嬉しいですよね♪飽きっぽい我が子にはもってこいです。(笑)

パウダー状だとは聞いていたものの、勝手に粉チーズのような容器に入っているのかな?

なんて思っていたら、まさかのふりかけのような個包装タイプ!(例えがなんだか庶民的ですみません(笑))

これなら衛生的だし、旅行先にも持っていきやすいかも♪

あ、あとは子供が振り回す心配もない。(笑)

ブリアンは歯ブラシになじみやすい♪

手のひらか小皿に取ってから、歯ブラシになじませるのですが、私は小皿にのせてみました。

ブリアン お皿に出してみた

パウダー状だともしかして粉薬と勘違いして、嫌がってしまうのではないかと思って、こっそり隠れて歯ブラシになじませました。どんなに甘い味がしても、薬と知っただけで逃げ惑うので…(笑)

ブリアン 歯ブラシにつけやすい

粉っぽくてなじまないのかな?なんて先入観は全く心配ご無用でした。確かにちょっと粉っぽさはあるかもしれませんが、しっかり歯ブラシを水分で濡らしておけばなじみやすかった印象です。

変な粉っぽさはないかなと思いますよ^^

加えた瞬間…にやにやする我が子

歯ブラシになじませて、さあ歯磨きの開始!我が子に渡すとやっぱり最初から“いやいや”と首を振る。

しかし何度も歯ブラシを私て催促すると、手に持ってぱくっ。

そうするといつもと違うとわかったのか、にやにやしている。。(笑)

不器用ながらにも、一応お口の中で歯ブラシを動かしています。

そこからは何度かちょんちょんっとブリアンをつけては渡し、にやにやし…を繰り返す親子なのでした。

すすがなくていいのが、楽ちん!

私もそうなのですが、お母さんって本当に忙しいですよね(遠目)。

私の場合は働いているので、保育園のお迎えから寝かしつけまでは本当に戦争なんです。

一分一秒たりとも譲れない戦いがそこにあるんです!だから、何か一つの工程がなくなるだけでも、全然違う。

これ、ママにしかわからないことかもしれません!

これまでもそもそもお口をゆすぐことがまだできないので、歯磨き後は布で私がふき取ったり、布を噛み噛みしてもらっていました。

ですが、ブリアンの場合はゆすぎが全く不要なのが本当にうれしい!

この1工程がなくなっただけでも、本当にストレスフリーになりました!(大げさじゃありませんよ!)

ちなみに、歯ブラシを持つのもまだ難しいようなお子さんの場合は、ガーゼにブリアンをつけて磨いてあげてもいいみたい♪…早く知りたかったな…(笑)

あえてマイナスポイントをあげるとするならば…

ここまでメリットだらけのブリアン。ただ、唯一デメリットをあげるとするならば、量の多さかもしれません。

ポイント

1回の量が多いので、年長さんや小学生のお子さんなら問題ないかもしれませんが、我が子のようにまだまだ歯も生えそろっていない月齢だと少し残ってしまうんですよね。

極力すべての量を使いきるようにしてはいますが、月齢が低い子向けにも発売してほしいなぁなんて思ったりもします。

生産性が合わないとは思うのですが…(笑)

結論―歯磨きを催促するストレス発生?!(笑)

結論として、これはもうリピ決定ですね!

最大のメリットは、やっぱり歯磨きを進んでしてくれるようになったことでしょう。

無理やり羽交い絞めにして歯磨きをしていたときは、本当に磨き残しなんてざらだったと思うんです。

でも、ブリアンなら破壊締めにしなくて済む!『仕上げはおかーあさん♪』の歌で、逃げ出さない!

むしろこちらに駆け寄ってくるようになりました!(笑)

子供に痛い思いをさせなくて済んで、尚且つママのストレスもフリーになる。

一石二鳥のブリアン、もう手放せません♪
(その後…我が子はまさかの歯磨きをもっとさせろと大騒ぎするようになりました…。(笑)

 

▼ブリアンをお試しするならこちらから

【ブリアンお試し】特別キャンペーン実施中!

-ブリアン
-,

Copyright© ブリアン歯磨き粉「本当にいい?」│虫歯菌除去する歯磨き粉使ってみた , 2018 All Rights Reserved.